さらば激痛!手術せず子宮内膜症を乗り越えるために。

子宮内膜症&子宮腺筋症を克服するために挑戦したことを綴ります。誰かのお役に立てたらと思います。

質の悪い血液が子宮内膜症を引き起こす

 

f:id:saraba-gekituu:20170607192232j:plain

 

子宮内膜症の原因のひとつと言われている

経血の逆流説というのがあります。

 

それは、

月経血が子宮から卵管を通って腹腔内に逆流し、

子宮内膜組織が腹膜や卵巣どに付着し増殖してしまう

という説です。

 

この月経血の逆流は子宮内膜症ではない人でも

必ず起こることですが、

子宮内膜症を発症してしまう人と

発症しない人がいるというのです。

 

なぜ発症しない人とする人がいるのか?

 

その双方の違いはいったい何なのでしょうか。

 

私は医者ではないので、

自分と自分の周りにいる女性しか参考にできませんが、

子宮内膜症を患ってない人と私のどこが違うのか?

患ってる人と共通点はあるのか?

を考えてみました。

 

実際私と同じように子宮内膜症を患っている知人は数名

(片手くらい)しかいないので狭い範囲ですが、

共通点を探ってみました。

 

子宮内膜症

・内向的な性格

冷え性

・色白(青い)

・貧血気味

・女性性が強い

 

健康な人

・外交的な性格

・血色の良い肌

・活発(男性的)

 

私の偏見かもしれません。

客観的に見て、

性格的、身体的に見ると

このように思います。

 

そしてこの双方の違いは何か?

自分なりに分析してみた結果、

やはり昔から言われている通り

血の質が関係しているのではないか

と思います。

病気になる原因の常識ですが、

では、なぜ血液の質が関係あるのか。

 

血の質とは

血の量(貧血ではないか)

血流(冷えていないか)

瘀血(汚れていないか)

 

血液には

赤血球、白血球、血小板、血漿

が主な成分で出来ています。

 

赤血球の役割は、

酸素・栄養・ホルモンの運搬、

老廃物の排除、体温の維持です。

 

白血球の役割は

外部から侵入した

細菌やウィルスなどの異物を分解し、

感染症から守る免疫の働きをしています。

 

血小板の役割は

止血、血液凝固に重要な働きをする。

 

血漿とはこの3つの除いた液体成分。

 

と、血液の中身にはこれらの重要な

働きをしてくれています。

 

この血液の質が悪い人が

子宮内膜症を発症してしまう

原因なのではないでしょうか。

 

つまり、

子宮内膜症にならない人は

月経血の逆流が起こっても、

質の良い血液のお陰で免疫力があり、

正常に異物の排除が行われる。

 

これにより血液の質の良い人は

白血球により異物組織が分解され

赤血球のパワーで血流が良く

子宮内膜組織が付着する前に

速やかに排除されている。

 

一方、血液の質が悪い人は、

白血球の力不足で

子宮内膜組織が取り残され、

赤血球がひ弱なため血流が悪く、

腹腔内に長く留まり内膜組織が

付着根付いてしまう。

血が足りてないので体も冷え

血液の循環も悪い。

 

 

特に赤血球の質の悪さ、

毎回の生理で鉄欠乏になり、

かつかつの状態で毎月月経が起きれば

子宮内膜症になってしまうのは

当然かもしれません。

 

この赤血球を増やすには

鉄分の摂取。

造血効果のある

ビタミンC、B12、葉酸の摂取。

 

私は生理後はやはり貧血状態で、

貧血は酸素不足で体内に酸素が

上手く運ばれないため

ふらつき、めまい、倦怠感で

いつもクラクラふらふらしていました。

 

婦人科で貧血の検査をすると

やはりヘモグロビン数値が低下。

鉄を注射してもらうと

とても楽になりました。

「血をくれ〜」という

ドラキュラの気持ちがわかります。

 

以前、鉄剤を処方されてましたが

飲むと酷い胃痛と吐き気があり

飲まずにいたんです。

 

もっと早くに鉄分を補給して

生理に備えておけばよかったと

後悔しています。

できてしまった子宮内膜症

自然治癒するのは限りなく困難です。

 

私は今、ディナゲストにより

出血は微量で貧血が収まり

顔色も良くなり

目の下の青クマも改善し、

健康的な顔面になってきました。

そして、元気って気持ち良い!と

実感しました。

 

本当に血は大切です。

あらためて実感します。

しかも質の良い血です。

それは免疫力を高め

病気にならない体を作り

健康で若々しくいられる

すべての源です。

 

↓↓参考になりましたらポチっ‼︎とお願いします↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へにほんブログ村 病気ブログ 子宮腺筋症へ

血流がすべて解決する

血流がすべて解決する