読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらば激痛!手術せず子宮内膜症を乗り越えるために。

子宮内膜症&子宮腺筋症を克服するために挑戦したことを綴ります。誰かのお役に立てたらと思います。

ディナゲスト中止してビザンヌ開始

 

f:id:saraba-gekituu:20170207231755j:plain

 

前回、ディナゲストを1ヶ月半飲み終わり、海外製のディナゲストと同成分のビザンヌという薬に移行する話をしました。

 

この薬は私にとって最悪の事態を招いてしまったのです。

もし私のように高額なディナゲストを買えず、半額以下で買える海外製の薬を試してみようという方がいらしたら良く良く良ーーく考えて、もしかしたらリスクがでるかもしれないということを覚悟して飲んでください。

 

全ては自己責任です。

 

しかし海外製に限らず、どんな薬にも副作用は付き物なんですが、日本で認められている薬は、厚生労働省の厳しい検査を通過している分けですから品質衛生面は安全です。

しかし海外製の薬は、成分の分量が曖昧だったり品質衛生的、安全性的に厳しく管理されているか不明だったり、流通ルートにより薬が入れ替わったり、説明書が読めない(英語以外の表記)などさまざまな不安要素があります。

 

ビザンヌの場合、ディナゲストと同成分なわけですから何がどうなって副作用が出たのか不明です。

この件で、かかりつけの婦人科の先生に正直にビザンヌのことを話したら(怒られると思ってビクビク!)「そんな薬があるんですね」と言われましたが、やはり上記のように説明されました。

そして、この時ディナゲストジェネリックがこの6月に出ると教えてもらい、喜んだのと同時に、無駄な事をしたことを後悔しました。

 

さて本題の問題のビザンヌ。

飲み方は1錠(2mg)を2等分して2回に分けて飲む。

ちなみにディナゲストは1錠につき1mg配合。

 

初日〜2日目は何の副作用もありませんでした。

 

3日目に何だか生理前に感じる子宮の張りを感じました。

おまけに動悸がするような・・・

 

4日目、薄い茶色のおりものが少量出始める。動悸あり。

 

5日目、薄赤色のおりものが少量出る。動悸あり。

 

6日目、微出血。動悸あり。

 ・

8日目、微出血。体が火照る、微熱あり。動悸あり。

 ・

10日目、出血量は増え、微熱、動悸、倦怠感、イライラし始める。

 

11日目、出血から塊が出る。更年期の様な症状で精神的に辛い。鬱のような、いらいらして気が狂いそうになる。絶望感。動悸は激しく心臓が飛び出してしまいそう。ちょっと家事しただけで動悸が激しく立っていられない。脈拍は100近い。

 

12日目、夜はっきりとした生理と同じ出血量。生理痛なし。2回目のビザンヌ飛ばす。

 

13日目、生理量の出血。生理痛なし。ビザンヌまるごと1錠飲みにしてみる。

動悸などは続いている。

 

14〜17日目、出血が薄い血に変わる。動悸など続き、手の震えが新たに加わる。

 

18日目、生理が終わった様子。動悸はするが何故かとてつもなく調子が良い。

 

19日目、出血は完全に止まる。動悸などの症状は続く。子供の学校に提出する書類に名前を書こうとしたら上手く字が書けないことに気付く。指先に力が入らない。ひらがなを書く練習をしてみた。震えて書けない。泣けてきた。

 

20日目、耐えきれなくなり婦人科受診。先生にビザンヌの事を白状し、更年期の症状が出てるので血液検査する。ディナゲストを再開。

更年期の結果は少しエストロゲンが減少気味だが更年期と呼ぶほどではないようだ。

午後からなぜだか腰が痛い。

 

21日目、ビザンヌ中止 出血普通量あり。

 

22日目、出血あり。腰痛悪化。ほてり、倦怠感、辛い。一日中寝込む。

 

23日目、ディナゲスト再開 出血大量。塊あり。ふらつき辛い。寝込む。腰痛。

 

24日目、出血中量。腰痛ひどい。全身の痒みが出る。少し調子は良い。

 

25日目、出血少量。腰痛ひどい。少し吐き気。微熱37度。

この週は腰痛が酷く、体が痒くなり、吐き気、動悸が激しく辛い。手の震えもある。

 

26日目、出血微量。腰痛あり。わりと調子良い。

27日目、出血完全に止まる。

28日目、腰痛治る。動悸、手の震えあり。

このあと、不正出血もなく、更年期のような症状もおさまってきた。

 

日記を付けていたのでそのまま書いてみました。

あまり伝わらなかったかもしれませんが、痛みの苦しみではなく、精神的(鬱症状、イライラ、絶望感、死んでしまいたい)苦痛と、特に動悸が寝ていてもバクバクで、起きて動くと心臓が飛び出しそうで立っていることもままならず、家事をするのが本当に大変でした。

 

実は私はバセドウ病も患っており、ビザンヌ開始前に再発し薬を再開したばかりでした。

このバセドウ病の症状が更年期の症状と似ているところがあり、どちらかが悪化しているのか、それとも両方症状が出ているのか判断に迷いました。

 

更年期の検査では少しエストロゲンの減少だけだったので更年期とは診断されず、ビザンヌの何らかの影響で、バセドウ病の悪化を引き起こしていたのではないかと感じました。

それというのもビザンヌを止めて症状が鎮静したように感じたからです。

 

しかし副作用の出血の間、あの激痛はありませんでした。

一応激痛には効果があったということなのでしょうね。

しかし他の副作用も同等にキツイ、どちらか選べと言われても・・・ハァ・・・。

バセドウ病の症状にプラス輪を二重も三重もかけて苦しいのです。

もうこんな思いは懲り懲りです。

 

今、ディナゲストを再開して1ヶ月半になります。

出血も痛みも動悸もなく順調にいってますが、ちょっとした副作用は感じます。

そのことは次回書こうと思います。

 

↓↓参考になりましたらポチっ‼︎とお願いします↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ

 

医者に殺されない47の心得  医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法